塗装業者で迷ったら…参考までに

インターネットで「塗装、リフォーム 地域名」などで検索すると沢山の業者がでてきます。
かわいい女の子がトップに写っているもの・安さを売りにしているところ…。先日ホームページ業者に聞いたのですが、地域ごとに同じ会社が別のホームページもあったりするといいます…
なかにはYAHoo知恵袋など自作自演で質問し答えると言った会社もあるほどです。(実際当社にもホームページ業者から同じようなことをすれば問い合わせが増えますよ(笑)と言われたこともあります。)
極端な言い方をすればインターネットで検索し一番上に来る業者が一番いい会社といいきれません…
古くから付き合いのあるベテラン塗装仲間は腕はピカ一ですが、最近ホームページから売上があがるようだけど作れずこまっている…といった悩みをよくききます。当社もホームページを作っていて言うのもおかしな話ですが、いい塗装業者=インターネットの検索上位とは言い切れないと思います。

本物のホームページを見抜け!!

最近では、自分でホームページを作れなくてもホームページの制作会社という便利な存在があり、安い価格で自社ページを作ってくれます。
しかし安く仕事を請ける分業者側もあまり時間をかけられないためテンプレートで作り細かい情報もいれず内容の薄いホームページとなってしまいます。
しかも最近では写真もソフトを使えば画像でも何でも偽造する技術があがっており、プロの目から見ればここまできれいにしあがらないだろ…というぴかぴかに光った仕上がりの良さを強調したホームページを見かけます。
確かに昔のように売り込み方も飛び込み営業というより、営業の人員を削減してインターネットの力で個人のお客様を勧誘するという最近の商売の手法の方が手間もかからず、メールのやりとりでできるので楽ですが当社のように近所の方から最近ドアのたてつけが悪くて暇な時に寄って~といった付き合いがなくなってきているのも寂しく感じます…
また顔を見合わせることなく簡単に問い合わせることができ、返事も来るといったメリットもありますが、詳細を聞くことができず問題に繋がるといったことを最近耳にするようになりました。

ちょっと怪しいのでは…?

例えば実績3000件とか4000件とか表記がある会社がありますが、とても対応できるとおもえません。
従業員6人で1ヶ月に 何棟できると思いますか?
塗装工事は大体足場組んで塗装して足場バラシまでの期間が10~14日間はかかるかと思います。
どんなに頑張ったとしても3人組で1が月3棟が限度6人だと6棟が限界でしょう(雨とかでその半分の時もあります)
単純計算で1年で72件 10年で7200件となります。が休みなしで仕事をこなした場合となります…
まず 見積もり依頼する塗装やに聞いてください
御社の職人さんの数そして一ヶ月の実績棟数です
。先ほどの目安と比べて嘘をついているか正直かが分かると思います。
6人の会社で 1年間でどんながんぱったところで 72棟が限界です ほんとはそれ以下で 50棟ぐらいだと思います
年間50棟も施工実績があれば すごいです(笑)(^^)/
そして 創業を聞いてください。会社を始めて 何年ですかと
10年だと 50×10で 500棟ですね 会社設立し始めた時は そんなにコンスタントに月/6棟なんか仕事はありませんよね
それでは20年で1000棟ですか計算上は出来るかもですが ありえないです
そんなにやっているところはまずないと思います (下請けとかいれば別ですが)
当社は 2017年は46棟でした (7人です(笑))

※資格保持者の アリ無 塗装技能士とか施工管理士 外壁診断士とか ほんとに持っている職人が どれほどいるか 疑問 会社に一人か二人ぐらいはいるかもです

※建設業許可書の アリ無 県や都で許可申請しなければ 得られない 営業許可書みたいな物 取得するのに お金がかかります。 平成20年以降の日付は 怪しいかもしれません…
5年に書き換えすることになっているので 現在30年ですから 平成24年の許可はありえない 

※外壁の保証について 外壁保証は 雨漏り等のことは 掲示してません
ただ 塗膜が剥がれとかで保証するだけで 外壁がクラックが入ったとか外壁から雨漏りしているというのは  保証には 含まれていないのです。

※海外の塗料は日本の気候に適してはいないかも
日本の気候にはやはり気候に合わせて作られた日本の会社の塗料メーカーのものが合います。
外壁材日本一のシェアのエスケー化研はすごい研究チームがありまして とにかくすごいんです 笑(*゚▽゚*) あと 旭化成系列など(>_<)

業者からみた優良なホームページ

時々同業のホームページをみたりしますが、きれいなページで使っている塗料。実績をのせ1000ページはあるんじゃないのぉ、というぺーじは企業努力がすごいと思います!
それでも工事単価値段がやはり高い(正当な価格なのですが…)
といっても じゃあ いいホームページというのは どのようなものなのか 見る側からは、塗装や内装のことなどまったくわからない方がほとんどです。専門用語は並んでいるというより、仕事の流れや実績が多く紹介され見やすくて、簡単にわかるそして知りたいことが的確に書いてあるページです
材料や品物を安く仕入れているという 内容がわかるページが良いかと思います。
仕入れが 安ければ 単価も 下がる、そこで やはり卸売り販売店は 塗装業者さんをランクづけしている 年間で塗料の買う量が 多ければ多いほど掛け率がさがり安く卸す業者は安く買えるそんなところがホームページに少しでも入っていれば いい感じでしょう
ちょっとした結論なのですが一番近い業者は (近所、町会が一緒とか、車で10分とか)手は抜けないし、うわさというのが 一番良くないのです。あそこにやって貰ったけど 雨漏りはするし外壁の艶が1年でなくなってしまったとか安いに越したことがないのですが。理論が成り立つ安さというのが 大切だと思います。
人件費、材料費、経費と この3項目が 見積もりの中に見えない状態で 入ってきます。(経費は△)
お客様も 少しは 努力することです、見積もりは 3社から取ります。説明も現場で 別々に呼んで 詳しく聞きます。
さして、さらに 情報を 手段選ばずに 取り 良いものを見つけることが 大切かと思います。
そして保証書は 必かなずもらえるということです。外壁7年 鉄部木部2年 自信のある業者さんは 自分でやったところなので 責任持ってアフターフォローが当たり前でしょう。

結論 選ぶのならば 更新が繁盛に出来ている、また 希望する工事が 読む側から わかりやすい ただ 安いだけじゃなく なぜ 安く出来るのか!! 近くの工事店を 選択することが 望ましいのではないでしょうか。

訪問セールス&悪徳業者から身を守ろう

最近多いのが訪問業者中には怪しい業者もいますので、塗装をご検討でたまたま訪問業者が来た時以下の点に気をつくてください。

  • 保健所、郵便局、NTT、消防署から、市役所から、国土交通省から、来ましたは 十八番で この言葉からの業者は 怖い悪徳業者が多数
  • 住まいを 無料調査は 即断る
  • 大手建設会社名、有名メーカー名、コマーシャル等の引き合いが トークで出てくるセールスは 厳重注意
  • キャンペーンに いい事なし!!
  • 建物が 壊れる、もたない、は 完全注意
  • 工事の契約を 急かす 絶対ありえない
  • セールス者の会社の所在地確認及び 訪問できない会社は 要警戒
  • 建設業許可を持っているか確認する。偽装もありえるというよりも 偽装の段階で 詐欺として 訴えましょう
  • 連絡先は 必ず 会社の電話番号で! 携帯番号にというのは 怪しい
  • 創業早期は ちょっと考えよう
  • 専門用語が 多数は 考えましょう
  • 金額を他社との 比較を やりすぎにも注意
  • 他社を引き出し当社はこうですは、要注意

結論

あわてずに依頼すること、丁寧に施工できる専門店!、お客様の気持ちと一体になり、心をこめた施工店が一番
ホームページの更新が頻繁にされている。また 希望する工事が読む側からわかりやすいただ 安いだけじゃなくなぜ安く出来るのか!! 近くの工事店を選択することが望ましいのではないでしょうか。

塗装・塗料の種類

片貝塗装は創業50年さまざまな案件に携わてまいりました。あらゆる塗装お任せください!

木部塗装
鉄部塗装
屋根塗装
外部塗装
防水工事
遮熱屋根塗装
エポキシ
焼き付け塗装
アスベスト対策

リフォーム・リノベーション

長年塗装に携わっていると、クロスの貼り替えもできる?水回りの調子が…といったお悩みをよく聞きます。当社では塗装はもちろんリフォームも請け負うことが可能です!(もちろん格安で)

リフォーム・リノベーション
クロス・壁紙張替え
トイレ工事
お風呂リフォーム
システムキッチン
カーテン・絨毯
ページトップ
メール問い合わせ
電話