本文へスキップ

埼玉県川口市の外壁塗装リフォ−ム専門の片貝塗装の会社方針

会社方針CONCEPT

会社方針

奉仕・誠意・親切・丁寧・信頼・品質・技術・適切
思いやりのある精神で お客様の希望にあった仕上がりを目指しております。
ただ単に塗装といっても 奥の深い技術があります
2回塗れば仕上がるところ 3回塗る気持ちを持って 施工していくという心が当社の一番の目標です。
完了したあとに 笑顔が自然に出て頂ければ という誠心で頑張っていきたいと思います。

代表メッセージ


ホームページご覧くださいましてありがとうございました。
何分 手作りホームページなので 見づらいところや 簡易的なところとか お許しください。
当社は 先代片貝亥三が昭和36年 足立区に開業しまして 会社設立昭和46年 平成4年に初代は死去いたしまして 私 片貝一則が2代目として引き継ぎ どうにか 現在まで やってきました。
現状 3代目の平成元年生まれの涼平が 技術を磨いて精進しています。

塗装とは

塗装は、一般的に物体の装飾保護、防を目的として行われるが、建築物などでは通路とそれ以外のスペースの識別などにも使用されることがある。なお、同様の目的でめっきを施すこともあるが、塗装の多くは表面に皮膜となる塗料を常温・大気下で塗布することができ、より簡便である。ただめっきに比べると塗料の性質上、強固な皮膜とはなりにくい。

金属の多くは大気中の酸素に触れることで酸化し錆を発生させるが、ことの場合は表面の錆が内部に向かって浸蝕する性質が強く、多くの鉄製品では塗装が必須である。また単純に見栄えを良くするための装飾の目的でも塗装はしばしば行われる。

塗料にも目的によって様々な性質のものがあり、防錆用に耐候性に優れ厚い皮膜を作るものから、装飾用に耐光性に優れ発色良く光沢ある表面に仕上がるもの、艶消しなど特定の性質を持つものなど様々である(→塗料)。これらには各々得手不得手があり、その目的に添って使い分け、或いは重ね塗りが行われる。また適切に重ね塗りすることで、単一の塗料では得られない強固で見栄えの良い塗装を行うことが出来る。

塗料と皮膜の平均的な厚さが同じ場合は、特に均一に施された塗装ほど長持ちするが、これは一度の塗布では難しい場合がある。このため単一の塗料でも重ね塗りする場合があり、その際には前回と同一の一定方向に向かって帯状に塗布していくのではなく、前回とは直角になる方向に塗布していくことで、塗斑を抑えることが行われる。

なお、塗装においては、塗装をする対象物の塗装面の材質に合った塗料を選ぶ必要があり、場合によっては、塗料の性質に合うように塗装面にシーラーを施すなどの下処理が必要となる。

 日本の気候に合った塗料を選ぶことが 当社の考えていることです 最近海外の製品を自慢げに宣伝アピールしている塗装会社さんが 目立ちますね 確かに いいものでしょうが その材料は どこで作られているのですか? やはり日本には日本の気候があります 海外で作られた塗料は 日本の気候に対応出来るか 
 (^O^)